スケートを気軽に楽しめるようになるには

スケートがすいすい滑れるようになりたいと思っている人は多いです。
特に、スケートリンクというのは、ロマンティックなデートスポットでもありますから、彼女をリードして滑れる男性は、とてもかっこよく見えます。
スケートが上手だと、大人になってからも、楽しみも多いですし、周囲からの評価も高いです。
しかし最近は、リンクの数も減り、なかなか滑る機会がありません。
それでも、子を持つ親は、少し無理をしてでも、時々リンクに連れて行ってあげるのが、その子の将来にとっては、とてもプラスになります。
リンクで開催されている、子ども向けの教室に参加するのも良いでしょう。
子どもの頃に、そのような機会がなかった人は、大学に進学した際に、教養科目の体育の授業で選択し、滑り方の基礎を学ぶ機会を得るのも有効です。
また、インターネットオークションなどで、自分用の靴を手に入れるのも、上達の役に立ちます。
マイシューズを持つと、練習する意欲がかき立てられ、子どもであっても大人であっても、頑張ってリンクに通って上達したい、というポジティブな気持ちになるからです。
リンクで一般に貸し出している靴は、多くの人が履くので、状態が悪いものが多いですから、新しくて状態の良い靴で練習するのも、上達するためには大切なことです。

体のラインを美しく見せるためのスケート姿勢

フィギュアスケートはスケーティング技術が磨かれてこそ体のラインを美しく見せて振付と音楽にあわせて滑るのに余裕が生まれるものです。
フォア滑走では両足のひざをしっかりとまげてフリーレッグとなる後ろ足の一蹴りで、しっかりと長く重心をのせられるように練習します。
自由に緩急をつけることができなければ、音楽に合わせてスケーティングをすることができないので、ジャンプやスピン、ステップなどほかの技の習得も困難になってきます。
また、美しく滑走するためには上体の姿勢や足を長く美しく見せるためのフリーレッグの形や位置、ヒザの向きといったことも覚える必要があるのです。
ストレートラインの滑走をマスターしたら、カーブ状を滑走するために両膝を柔らかく使ってクロス滑走をおこない左右の方向にクロスできるように技術を磨いていきます。
怖がってスピードにのれないとかえってバランスを崩しやすくなるので、上級者などに手を引いてもらいながら、片足でのスケーティングの感覚を覚えていくことが大事です。
フォア滑走をマスターしたら、スピンやジャンプの準備動作を安定させるために、バックスケーティングをマスターし安定した滑走が行えるように練習を進めていきます。


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_AA/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/gknnqvo9/public_html/inc/randlink.php on line 12